夫に言いたい。どんなに時間が経とうとも、なかったことにはならないんだよ。

夫婦のこと

突然、これまでの出来事がフラッシュバックして、当時の辛い感情を再び味わうことがあります。

特にこの問題に関しては今でも解決できていないので、なんでなんだろう…どうしてこんなことしたんだろう…どんな気持ちで…とグルングルンと考えてしまいます。

このことは心に秘めているので、夫と話し合うことはできません。

打ち明けたとしても、たぶん本音は話さない。いや、話せない?いや、話したとしても、私がそれを信用できない。たぶんね。

 

 

先日もぼやーっと思い出してしまい、それについての情報をネットで集めてしまい、ひとりで勝手に深ーい深ーい海の底に沈んでいってしまいました。

そこには光は届きません。悲しみや苦しみといった、負の感情しかありません。

 

スポンサーリンク

過去は変えられない、なかったことにはならない

よく、過去は変えられないと言いますよね。起こってしまったことは仕方がないから、そこにとらわれずに未来を見ていこうよ!という前向きなメッセージとしてよく聞きます。

辛くなったときはよくこの言葉を思い出して、何度も自分に言い聞かせてきました。

 

これをそのまま、別の意味として夫に言いたい。

過去は変えられない。起こってしまったことはなくならない。どんなに時間が過ぎようとも、あの事実が消えてなくなることはない。ないんです。

 

私は未来を見ていこうと決めました。

変えられないことにとらわれても、時間の無駄だと教えてもらったからね。

 

そうはいっても、事実が消えてなくなるわけではないので、私の心の奥深くにそれは「ある」。普段はその存在をうまく消していても、何かのきっかけで、いや、きっかけがなくても、ふと影をあらわす。

私はその影を見て見ぬふりができなくて、ついつい自分で覗いてしまうのだ。

そしてまた、深ーい深ーい暗闇の中へと沈んで…

 

このしこりは夫といる限り、たぶん一生消えてなくなることはないんだと思う。

たとえ私にも非があったのだとしてもね。

コメント