批判されることよりも生きることを優先できますか?清水富美加さんの引退に思うこと。

自分を整える

人気女優の清水富美加さんが引退→出家することについて、ワイドショーで話題になっていますね。好きな女優さんだったので、テレビで演技が見れなくなってしまうことはショックだなーと、そんな目で見ています。

 

ワイドショーとかネットニュースを見ていると、結局何が本当かわからないよね~て思うのよ。

事務所側と本人とそれぞれの言い分があって、それを見ているとどこかですれ違っちゃったのかな~とか、10代の頃って自分の意見も言えないよな~とか、20代前半だと考え方も甘いのはしょうがないよな~とか。

何があったかわからないけど、わからないなりに薄ぼんやりと思ったりしています。

 

仕事を途中で放り投げて責任を果たさない。

周りに迷惑をかける。

大きな損失をつくる。

 

よくないことだと思います。

でも、、、

もしも・・・もしも・・・本当に本当に死にそうなくらいギリギリのところを生きていたのだとしたら、逃げるのもアリかなと。思っちゃうのです。

いじめられた子が自殺したというニュースを見て、「死ぬくらいなら学校辞めればよかったのに」とか。長時間労働のブラック企業で働いた末に自殺したというニュースを見て、「死ぬくらいなら仕事辞めればよかったのに」とか。

そういう意見はありがちだし、私もそう思います。

 

ここね
ここね

同時に、それが難しいとも思うけど

 

だからね。自殺してしまいそうなくらいギリギリのところにいたのなら、逃げるのもアリなのかなと思うのです。

 

TBSのドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』でひらまささんも言ってました。

「後ろ向きな選択だっていいじゃないか。恥ずかしい逃げ方だったとしても、生き抜くことの方が大切で、その点においては異論も反論も認めない」

て。

 

本人の言葉で、「『人に迷惑をかけてもいいから、まずは自分の命を守れ』って言ってくれる人が、業界のどこにいるんでしょうか?」てのがあってね。

それ見て、死ぬくらいなら逃げるのが正解だな~て思ったんです。

 

迷惑かけちゃダメなのはそうなんだけど、結局、どこまでギリギリだったかなんて本人にしかわからないわけだし。説明したところで、人によってそのレベルは違うわけだし。周りが何を言っても、無理なものは無理なんだし。

それもまた嫌われる勇気なのかなと、幸せになる勇気なのかなと思ったのであります。

 

世の中のたいていのことはお金で解決できるらしいです。違約金払って、謝って。それで死なずに済むのなら、それもアリ。というか、まずは命が大事。死んだら終わりだもん。

批判されることよりも生きることを優先できた彼女は強いと思います。

人生いろいろですね。

 

思ったことをダラダラと書いてみました。

でわ。

コメント