不機嫌な妻の心を軽くしてくれた夫の声かけと私の失敗

夫婦 夫婦のこと

ささいなことでイライラしたり、漠然とした不安が押し寄せて、不機嫌になることがあります。そんなとき、自分で自分のごきげんをうまく取れるといいのですが、まだまだ上手にできません。

表情が暗くなったり、大きなため息をついたり、家事がおろそかになったり。

私の場合、その根本的な原因が「夫婦問題」なので、どこかしら夫に対して冷たくなってしまうこともあります。申し訳ないけど。

 

先日、そんないつもと違う私を見て、夫が「どうしたの?」と声をかけてくれました。

具体的に何か原因があってのことではないので、返事としては「なんでもないよ~」て感じになったのですが、たったそれだけのことで、私の心はものすごく軽くなったのを感じました。

 

スポンサーリンク

気にかけてもらえていると実感できると救われる

一番いいのは、モヤッとしていることを聞いてもらえることです。

でもそうでなくても「気にかけてもらえている」と感じることができたなら、それだけで救われるものなんですね。

「どうしたの?」というたったそれだけの言葉で心のモヤがとけたのは、夫が私の変化に気づいてくれたことが伝わって、そこに何かしらのアクションを起こしてくれたからだと思います。

 

妻の機嫌が悪い・・・

そんなとき「なるだけかかわらないようにしよう」「そっとしておこう」と放置する男性もいるでしょう。

でも私は聞いてほしい!気付いてほしい!そう思います。

聞いてもらってスッキリしたいというよりは、単純にうれしいのです。

 

嬉しかったことには感謝しよう

夫に「どうしたの?」と言われて心が軽くなったわけですが、私はそれを夫には伝えませんでした。

あとから考えると、これは失敗だったなーって思います。

 

してもらって嬉しかったこと、ありがたかったことには、きちんと「ありがとう」と伝えなければ、相手には何も伝わりません。

あのとき「何でもないよ」という返事だけでなく、「気にかけてくれてありがとう」とか「うれしかったよ」「気持ちが軽くなったよ」など伝えていたのなら、夫は自分の行動が、妻にとってうれしいものだったんだな~と学習したかもしれません。

そして「自分が認められた」「頼りになったんだな」など、夫の自信につながったかもしれません。

ありがとうの言葉で、私の愛を感じてくれたかもしれません。

してもらうことばかりを考えていては、夫婦関係はよくならないのは当たり前ですよね。

 

もらったものは返す。お互いに、与え合う。

たぶんそうやって、愛や信頼関係は深まっていくのかもしれませんね。

コメント