松山千春「恋」に胸がきゅーんとなる

松山千春 恋 ドラマ・映画・歌

外出先の店内で聞こえてきた歌。胸がきゅーんとしてしまう歌詞とどこか懐かしく切ない感じのメロディ。

なんの歌だろう?とネット検索してみると、松山千春さんの「恋」でした。

 

歌いだしの、

愛することに疲れたみたい

嫌いになったわけじゃない

に、自分の想いを重ね、夫の想いを想像し。

 

そのあとにつづく

だけど今度は本気みたい

あなたの顔もちらつかないわ

に、別れるときの想いを想像し。

 

後半に出てくる

だけど二度とヘマはしない

貴方になんかつまずかないわ

に女の強さを感じ。

前を向いて歩いていくってこんな感じなのかなーって、ぼんやりしてしまいます。

 

サビ部分の有名すぎるこのフレーズ。

男はいつも待たせるだけで

女はいつも待ちくたびれて

亭主関白感が漂い今の時代にはそぐわない感じはするけれど、やっぱりいい曲ですね。

コメント