ネガティブに近づいて、自分を癒す

泣く女性 自分を整える

私はネガティブです。ものすごーく後ろ向きな性格です。心配性です。

ポジティブで楽観的な人、意味わかりません(笑)。すごいなと思います。ポジティブすぎると、たまにイラっとするときがあります。だけど突き抜けているポジティブさはイラっとを通り越して尊敬します。

 

夫婦問題が発生してから、とにかく落ち込みました。布団から起き上がれなくなるくらい、一日何もしたくないほどに、全く動けなくなりました。

思考が停止してしまったのです。

 

どうしたらいいの?なんでこうなったの?と、ネットの記事や個人のブログ、さまざまな掲示板で答えを探し続けました。

そのなかで、「ネガティブなものには触れないようにしましょう!」という話を知りました。

 

ネガティブなものとは、ネット上のネガティブな意見や話のこと。夫への愚痴や妻の苦しみなど、読んでいて前向きな気持ちにはなれないもののことだと思います。

そんなものをいつまでも読んでると、関係性の再構築なんかできないよ!て。

 

うんうん。わかるわかる。そうですよね。そう思います。

ネガティブなものは自分の気持ちまで下げます。行動するための活力を奪います。うまくいく気がしなくなります。頭の中にいいイメージができないままでは、うまくいく確率も下がるでしょう。

だから、ネガティブには近づかないように、と言われるのもわかります。

 

ただね、最初の最初の一番最初の段階では、そうとも限らないと思ってるんです。

私の場合、ズドンと心がどん底まで落ちてるとき、ポジティブな言葉は全く響きませんでした。

こうしたらいいよ。
こう考えたらいいよ。
私はこうしてうまくいってます。
今とっても幸せですー!

そんな話は一切響きませんでした。むしろイライラする。

 

なんでそう思えるんだろう?て意味わかりませんでしたし、私とは違うタイプの人間なんだな~て気がして、この人に私の苦しみは分からない、て思ってました。

結局は旦那さんが素敵な人だった、てだけじゃん?て思ってました。

聞く耳持たないってやつ。

 

心がズドンと落ちてる最初の最初の段階で私が進んで探していた情報は、自分と同じように苦しんでいる人の話でした。

こんなことがあった。
そのときどう思った。
どういう行動をした。
こんなことを言われた。
辛い。悲しい。腹立つ。イライラする。希望がない。離婚したい。
どうしたらいいんだろう。
どうしたら・・・どうしたら・・・どうしたら・・・

そこに答えなんてありません。ただただ、真っ黒い気持ちを放出しているだけのもの。

ときには「がんばろー」って気持ちも含まれたりしていますが、基本的には否定的な話ばかりでした。

 

でも、底の底まで落ちているときには、そういう人の話こそ心に届いてた

あ、私だけじゃないんだ・・・という安心感や、苦しく悲しい気持ちに共感できれば、逆に自分にも共感してもらえた気持ちになったり。

そうする中で、底の底でもがいていた自分の気持ちが少しずつ癒されて、上を見てみようという気にさせてもらえたのです

 

結局は、自分が動かなければ何も変わりません。動くといっても「周りにこうしたらいい、ああしたらいいと言われたから」が動機では、やらされているだけなので続きません。

自分のなかの「動きたい」「変わりたい」「人生を変えたい」「幸せになりたい」「ここから抜け出したい」などの明確な気持ちに気づかなければ、行動ってできないと思うのです。

そういう気持ちはきっと心の奥の奥の奥の方にあるのでしょうが、どん底で苦しい時期にはそれが見えない

だから、まずはその苦しい気持ちを癒すことが私には必要でした。そこが癒されて初めて、「私はどうしたい?」が見えてきたのです。

この段階にきて初めて、ポジティブな人の話も心に届くようになりました。

 

つまりね、現実を変えたいと思ったらネガティブなものに近づいたらいけないよ~て話もありますが、共感できる否定的な情報を見ることで自分の苦しみが癒されて、道が開けることもあるんだよな~って思います。

そして、苦しみが癒されて自分が前向きになれたら、それ以降はネガティブなものに近づかない!常に、いいイメージをする!自分の士気を下げない!かな。

コメント