仕事から帰ってきた夫との会話で嬉しかった言葉かけ。

会話 夫婦のこと

仕事から帰宅した旦那さんと、いつもどんな会話をしていますか?

私たちはずーっとずっと、たいした会話はありませんでした。でもここ最近、夫に言われてすごくうれしかった言葉かけがあるので、その話をします。

 

スポンサーリンク

夫に言われて嬉しかった言葉かけとは?

夫は仕事から帰ってくると、まず部屋着に着替えます。私はたいてい夕食の準備中。

リビングで着替える夫が最近私にかけてくれるようになったのが「今日は何してたの?」という言葉です。たいしたことのない会話ですが、これがすごくうれしい♡

 

大切なのは、自分へ関心を向けてくれる会話

何がうれしいのかというと、私への関心があることが感じられるからだと思います。私が今日1日何をしていたのかに興味を持ってくれていると感じられるからだと思います。

一緒にいない時間に相手が何をしていたのか。何を考えていたのか。どんなことがあったのか。今日がどんな一日だったのか。

そこにただ関心を示してくれる。そのことが嬉しいんですよね。

 

この2~3年でしょうか、私は夫に「もっと私に関心をもって」と何度か言ったことがあります。それくらい、私に関心がないように感じていました。

そして、そのことがすごく嫌だった。

彼は「そんなことないよ(関心をもってる)」と言いましたが、私のことを知ろうとしてくれた会話なんてありませんでした。

 

私が今日一日何をしていたのか。何があったのか。最近何を考えているのか。悩んでいることはあるのか。嬉しかったことは何か。どんなことに興味をもっているのか。

そういう、日々の何気ないことを、彼は知らない。聞かないから。

私も心を閉ざしており、聞かれない限り自分からは話さないと決めていたので、私がどういう日々を積み重ねていたのかを、彼はずっと知らないんです。聞かないから。

 

私も日々感じることがあり、徐々に人間(考え方など)が変わっているのにそれを話さないので、自分が夫に理解されているように思えない。

私を取り巻く環境を知らないくせに、わかるわけがない。

その小さな小さな日々の積み重ねが、夫婦の感覚のズレを生んでいった気がします。

 

仕事の話もするようになった

逆の立場でも同じです。私はこの数年、夫のことをよく知らないと思っています。彼はこれまで仕事の話をしませんでした。

今、どんな仕事を抱えているのか。どんな職場環境なのか。どんな人と付き合っているのか。どんなことがあったのか。どういう想いで働いているのか。聞いてもあまり話さないし、仕事の話はしたくないといった感じでしたし。

 

男性って、仕事のことを家庭に持ち込みたくないという人は多いですよね。

でも、私はできれば話してほしいと思ってます。だって、話さないと相手が今置かれている状況ってわからないですし、わからないものを思いやることなんてできませんし。

そもそも、人生の大半を仕事に注いでいるにもかかわらず、その話題を避けてしまうと、相手のほとんどを知ることはできないと思うんですけど。

 

そんなことを何度か言ってたら、最近は少しは仕事の話もしてくれるようにはなりましたね。そうすると夫の背景も見えて、少しだけ距離が近づいた気がしています。ほんの少しだけですが。

 

『奥様は、取り扱い注意』の西島さんは完ぺき!

綾瀬はるかさん主演ドラマ『奥様は、取り扱い注意』で、西島秀俊さんが演じた夫がめちゃめちゃいい旦那さんだー!って思ってね。

いつも夫婦で夕食を食べながら、専業主婦の妻(綾瀬はるかさん)に「今日は何してたの?」て聞くんですよ。

あらゆる場面で奥様にきちんと関心を向けてて、自ら話を聞きにいく(質問する)。そして、楽しそうに聞いてくれる。

完ぺきやないかい・・・

あんなんされたら、めちゃくちゃ幸せだろうなー。

さいごは結局、ドラマ的にはいい旦那さんではなかったんですけどね~(苦笑)

 

夫にも、この習慣は続けてほしいとひそかに願っています。(それ、うれしいよ♡て言った方がいいかも?)

コメント