「変わってほしい」ではなく「受け入れる」ということ。家入レオ「ずっと、ふたりで」に想うこと。

ドラマ・映画・歌

家入レオさんの「ずっと、ふたりで」という曲を知っていますか?

日本テレビ系日曜ドラマ「愛してたって、秘密はある。」の主題歌になっていましたよね。

最近改めて聴いたところ、歌詞に思うところがあったのでブログに残しておこうと思います。

 

スポンサーリンク

自分をさらけ出すということ

あたしを全部知ってしまっても

変わらず好きでいてくれるかな?

本当のことが言えないのは、嫌われたくないから。

本当のことが言えないのは、受け入れてくれないだろうと思うから。

それはつまり、あなた(私)を信じていないから。疑われているから。

嘘をついた相手を責めるのではなく、自分はどうだったかを考えたことがありますか?

 

嘘をつく人に言いたいこと

嘘をついて偽って一緒にいても、最後は自分が苦しくなるだけ。本当の自分を出せなくて、居心地悪くて疲れるだけ。

自分の全部を出したときそれを受け入れてもらえなかったら、その相手とは合わないのかもしれない。そんな相手と一緒にいるのは何のため?

相手を失いたくなくてとことん合わせる関係は、本当に自分の幸せにつながりますか?本当の自分を好きになってくれる人と一緒になった方が、幸せではないですか?

 

相手を受け入れるということ

言いたくないこと 言わなくて良いんだよ

僕にもそんな過去ならあるし

私はこんなふうに言えるだろうか?

自分も完璧ではないはずなのに、相手のダメなところを無理に見ようとしてないだろうか?

それがあるから愛せないと、思い込んでいないだろうか?

「あるがままの君でいて欲しい」だなんて、言えるだろうか?

 

与え、与えられる関係

歌詞の中に「僕が君を照らすから」「君が僕を照らすから」というふたつの言葉が出てきます。そして「君の笑顔を見つけたときが、僕が笑顔になれるときだよ」という言葉。

お互いがお互いを幸せにできる関係。こうなりたいですね。

 

愛とは?

目の前の君以外 どうだって良いんだよ

過去の失敗にいつまでも縛られることなく、今の相手をみる。今の相手をとことん信じる。

それが、愛。なのかもしれない。

 

▼家入レオさん公式チャンネルより

コメント