浮気サレ後の夫の優しさは沁みない理由。愛情じゃなく贖罪だもんね。

満たされない 夫婦のこと

夫さんの浮気発覚から2年、話し合いから1年経ちました。ここ最近に限りますが、彼が家のことをしてくれたり優しいと感じる機会が増えました。

夕食後の食器洗いは自分の担当かのようにやってくれるし、先日はお風呂を沸かすために浴槽の掃除をしてくれたんです。

掃除なんて、結婚して初めてじゃないかな?

ここね
ここね

ほんっと家事は何にもしない人だからな~

 

ご飯作りたくなくてお惣菜やお弁当を買ってきても、外食しようと提案しても、文句ひとつ言わず笑顔で受け入れてくれます。

結婚して以来今までにないほど心地いい関係といえばそうなのですが、なんか違う…ちょっと違う…

何が違うんだろう?と考えてみて気づいたことがあったので、その話をしたいと思います。

 

この記事には、特に解決策は書かれていません。浮気サレ後の私が今、夫の行動をどう見ているか、どう感じているかという話になります。

 

スポンサーリンク

愛情ではなく贖罪(しょくざい)

夫が食器を洗ったりお風呂掃除をしてくれるのも、食事作りをサボるのを受け入れてくれるのも、全部浮気をした罪悪感からくるもの

原動力はそれなんですよね。愛情じゃない。申し訳なかった…反省してる…、そういう気持ちを何か行動で表そうとして出てきたもの。

それが悪いと言っているわけではないんですよ。いいんです。それでいいんです。この行動に不満があるわけではないんです。何もないより全然いいんです。

 

ただね。私の中に「感謝」が生まれにくいことが問題なの。

いろんなことをやってくれるようになったとして、それをどうしても「贖罪」や「罪滅ぼし」と考えてしまうんですよね。

贖罪とは、犠牲や代償を捧げて罪をあがなうこと。罪滅ぼしとは、よい事をして過去の罪のうめあわせをすること。調べたらそんな解説が出てきたけどまさにそれ!

不貞の罪を償うための行動だと思えるから、それに「感謝」はできなくて。

何かをされても満たされない。心がほっこり暖まらない。嬉しいな、てならない。きっとそれは、その行動に愛情を感じられないからではないかしら

「浮気した」という事実は消えない。それがずっとずっと付きまとう以上、全部の行動がその事実の上に存在して「見える」

そうなると私は、一体どこで愛情を感じたらいいのか…なんて思ってしまいました。

 

では、どうされたいの?何が正解?

では、一体私はどうされたいのか?夫さんが何をしたら正解になるのか?

そう自分に問いかけてみても、答えはありませんでした。

 

はじめは、彼がいろいろやってくれるようになったら「ま、いっか」と思えるようになるかなと思ってたんです。

彼の変化に、彼自身の反省の気持ちとか罪悪感を感じて、多少なりとも癒されるのかなと思ってたんです。

でも違った。反省してるんだなと「分かる」ことと「愛情を感じる」ことって違うんですね。そして、反省していることを実感するだけでは癒されないんだと気づいたんです。

ここね
ここね

ある意味この気づきは収穫!

 

モヤっとしていることって、たぶん純粋な愛情を感じられないことなんですよね。

目に見えていろいろやってくれていること、変わったことは分かるんです。家事を全くしなかった夫がいろいろするようになった変化は、単純にうれしいし「すごーい!」って思うんです。

でもその大きな変化が逆に、「あ~それだけ罪深いことをしてきたんだね」なんて解釈になっちゃうんですよ。

 

だったら何もしなけりゃいいのか!?ていったらそうじゃない。しなかったらしなかったで、「あれだけひどいことしたのに何の変化もない!」「反省してるなら行動で示しなよ!」なんて思うんですよね。

結局、なにをしてもしなくても不満は出る。これは「夫さんがもっとこうしてくれないからダメなんだ」という夫側の問題ではなく、私側の問題なのだと思います。

 

ちなみに

お風呂掃除をする夫に、どうしてそんなことするのか聞いたら「ここねちゃんからの信頼を回復させたいから」と言ってました。

ここね
ここね

ふーん

 

贖罪だったとしても、それをすること自体、愛情がある証ではないのか…?

たしかに…そうとも言えるけど…

私の受け取り方次第。行動をどう解釈するか。私自身が成長するしかないんだろうなと思います。

 

これといった解決策はないですが、同じ状況の方の何かの気づきになれば幸いです。

コメント